東京でユニークな建築のホテルが増加中。いま泊まるべき1軒はここだ。

東京でユニークな建築のホテルが増加中。いま泊まるべき1軒はここだ。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:佐藤千紗

いま東京で増えているユニークな建築のホテル。業界内外で注目されるホテル・プロデューサーの龍崎翔子さんに、いま泊まるべきお薦めを挙げてもらった。


龍崎翔子●1996年、京都府生まれ。2015年にL&Gグローバルビジネスを創業、代表を務める。16年に「ホテル・シー キョウト」を開業。「ホテル・クモイ」などのリブランディングや運営も手がける。www.lngglobiz.com/


ONE@Tokyo ──異素材ミックスで、新旧が交錯する街を表現。

書斎をイメージした客室「ライブラリースイート」。ベニヤ合板をラフに重ねたような壁面が特徴的。素材はカジュアルだが、落ち着くデザインだ。

「その街らしさをどう解釈し、落とし込むか。ホテルにとって重要な『旅情』を感じさせるために、建築の果たす役割は大きい」と語る龍崎翔子さん。建築家が手がけるホテルというと、デザインばかりが突出するホテルも多い中、「街とホテルと建築のコンセプトに一貫性がある」と評価するのが、墨田区押上にある「ONE@Tokyo」(ワン@トウキョウ)だ。

東京スカイツリーの誕生以降、観光客で賑わう押上だが、かつては路地に町工場が密集する下町だった。デザイン監修を務めた隈研吾は、新旧が交錯するユニークな地域性をホテルに反映。工業素材と自然素材のミックスにより、雑多で下町的な空気感を表現している。ファサードはコンクリートの外壁の上に伝統的な木組みを集積し、現代アートのよう。一方、客室では壁面全体をベニヤ合板で覆い、工業用品のような印象を与えるステンレス製の水まわりとバランスをとっている。

異素材を大胆に組み合わせることで表現された押上の地域性を体感すると、街歩きはいっそう味わい深くなる。

ダイナミックに木を組んだ装飾をコンクリートの壁面に取り付けたファサード。1階のカフェはガラス張りで、街とのつながりをもたせた。

水まわりはインダストリアルなステンレス素材。ベニヤ合板の質感とコントラストが強調された。ロフトのようなソリッドな空間だ。

一般客も利用できるカフェは、天井からファブリックを垂らしやわらかな雰囲気に。ここでも異素材を大胆に組み合わせている。

スカイツリーを間近に眺められる屋上。夜はライトアップされた絶景を楽しむルーフトップバーとしても利用できる。夏季はビアガーデンとして開放。

東京都墨田区押上1-19-3
TEL:03-5630-1193 
www.onetokyo.com

1 / 4p
Feature Product 【第6回 山梨県 河口湖編】Honda オデッセイ×Pen「本質を感じる知への旅」へ。
Feature Product 【第6回 山梨県 河口湖編】Honda オデッセイ×Pen「本質を感じる知への旅」へ。