ハンドメイドで世にも美しい絵本をつくる、インドの小さな出版社「タラブッ...

ハンドメイドで世にも美しい絵本をつくる、インドの小さな出版社「タラブックス」の展覧会に注目せよ。

文:内山さつき

タラブックスの代表作『夜の木』(2006年初版)。詩的で複雑な描線と見事な構図を特徴とするゴンド族の民俗画を取り入れている。

2006年に出版された一冊の美しい絵本『夜の木』によって、一躍注目を浴びるようになった、南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。ギータ・ウォルフとV.ギータというふたりのインド人女性が中心となって活動しています。この小さな出版社の展覧会『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ハンドメイドで世にも美しい絵本をつくる、インドの小さな出版社「タラブッ...