過ぎゆく時のせつなさを痛感させる、大人向けの絵本8冊

過ぎゆく時のせつなさを痛感させる、大人向けの絵本8冊

写真:青野 豊 文:Pen編集部

時の流れに胸がずきんとするのは、年を重ねた人だけの事象らしい。過去が増えるほど、悲しみも降り積もるからだろうか。そんな大人だけにわかる、“時の痛み”を感じさせる本を集めてみた。

『モミの木』

「早く大きくなりたいな」──子どもはそう願う。それがどんなにもったいないことかも知らずに。いまを生きることの尊さを謳う名作は、その普遍さ故に描き手を変えて何度も刊行されてきた。マリメッコのデザイナーであるアンヌッカは、幾何学模様の組み合わせでモダンな森や炎を表現。バーナデット・ワッツは、ふんわり優しいタッチで。幻想的な挿画で人気のバーカートの絵は、モミの葉の1本1本の質感までも感じる緻密さ。オットーは綿密な時代考証を下地に、古典童話にふさわしい端正さを醸し出す。多彩なイメージを味わいたい。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン 作 サンナ・アンヌッカ 絵 小宮 由 訳 アノニマ・スタジオ 2013年

『たくさんのドア』

振り返るから、感じることがある。違う道もあったかも──後悔。諦めないでよかった──自信。でも、そう思うのは大人だけ。子どもは振り返らない。その瞬間を、常に全力で前へ進む。目の前に、数え切れないドアがあると知ってか知らずか……。子どもをもつ人が読めば、本書は親の目線で書かれたと思うだろう。シングルの人や成長途上の人には、自分に贈るエール? 人生を折り返した人なら、次の世代に伝えたい言葉? 時は巻き戻せない。だから人生は輝く。そんなメッセージが聞こえる本。

アリスン・マギー 文 ユ・テウン 絵 なかがわちひろ 訳 主婦の友社 2018年

『アライバル』

造本は凝りまくっている。文字はない。絵コンテのようにコマ割りされたページと、一枚絵がどんと広がるページとで構成される本書を「グラフィック・ノベル」と呼ぶ人もいる。異形の棲む世界。主人公は家族と別れてひとり、どこかに“到着”する。本書の帯にある通り、移民とは「過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を手にした幸せとの両面」を味わう者。ひとりの記憶が出会った人の記憶を呼び覚まし、物語は続く。現実と夢のあわいをたゆたいながら。

ショーン・タン 著 河出書房新社 2011年

1 / 2p