台湾のランドマーク「誠品書店」一号店は、こうして31年の歴史に幕を下ろした。

台湾のランドマーク「誠品書店」一号店は、こうして31年の歴史に幕を下ろした。

写真:Jimmy Yang 文:近藤弥生子

閉店時の店内の装飾は、東京在住のフランス人建築家エマニュエル・ムホーによるもの。創業した1989年から、2020年までの年号の数字が100色8000枚の紙でつくられた。

世界で最もクールな書店と讃えられ、東京・日本橋に出店したことでも話題になった、台湾の「誠品書店」第一号店である「誠品敦南店」が、2020年5月31日を最終営業日とし、31年の歴史に幕を下ろした。1989年に吳清友(ロバート・ウー)が創業して以来、書店の域を超えて台湾を代表する文化企業として発展した誠品書店。第一号店である旧敦南店はすぐ隣に場所を移し、世界初となる24時間営業の書店として再オープンしたのが95年。今回、入居していたビルの契約が切れることを理由に閉店となった。

言論や出版の自由を奪う戒厳令が87年に解かれたばかりの台湾で、人々の読書習慣を築き上げたのは誠品敦南店の功績だ。台北の銀座と呼ばれる通り、忠孝東路四段と美しい緑並木が続く敦化南路とが交差するあたりに位置し、たとえ本を買う予定がなくても、人々はこの文化的ランドマークへ足を運んだ。創業者の吳清友は、優れた経営者として知られたが、民衆の文化水準を引き上げるのは簡単なことではなく、グループは15年間赤字経営が続いたという。それでも彼のビジョンに共感する人々や企業が集まり、この誠品敦南店を起点としてさまざまな文化が生まれていった。


「誠品敦南店」を惜しむ、台湾の文化人たちの声。


台湾のアカデミー賞と言われる金馬賞の総合ディレクターであり、金馬賞のビジュアルデザインを手がけるアートディレクターの方序中(ファン・シュゾォン)は誠品敦南店で行われたトークイベントでこう語った。「いまはインターネットで結論にすぐ達してしまうから、アウトプットが似通ってしまう。でも本はページをめくることで、意外なものと引き合わせてくれる。それが大切なんだ。いつもデザイナーたちに言っているんだ。ここへ来たらデザインの本ではなく、他の本を開いてみなよって。僕もすぐ近くに住んでいるから、深夜によくインスピレーションを探しに来るよ」

また、台湾で「文青」と呼ばれるカルチャー系の若者たちに人気を誇る雑誌『小日子』の編集長である劉冠吟(ローラ・リュウ)はこう話す。「休日は子どもを連れてふらっと訪れるし、人との待ち合わせはいつもここ。あの人だったらあのコーナーにいるって大体分かる。本を読まない人を含めて誰にでも開かれた場所です」。さらにリュウはこう続ける。「ニッチな本でも、誠品なら取り扱いがある。そして見本用に一冊は封をしないで置いてくれる。そうして台湾人の読書習慣を養ってくれたんです。たとえまだ無名でも誠品がいいと思ったらトークイベントを開いてくれるので、ここからたくさんの文化人がデビューしたんですよ」

誠品敦南店が入っていたのは、台湾の金融五大家族のひとつ、蔡家の起源となる商業ビルの敦南金融大樓。今後は地上28階建ての金融ビルに建て直される予定。

旅行などで同書店を訪れた日本人が驚くのは、書店のあちこちで座り込み、思い思いに本を読みふける客の姿。こんな自由な書店があることに、誰もが衝撃を受けた。

棚卸しと大晦日の夜以外は24時間営業を貫いた。台風の夜には、雨風から逃れるため多くのホームレスの姿が。吳清友は「読書は基本的人権で、書店は誰もが平等な場所」と、店を開き続けたという。

雑誌『小日子』編集長の劉冠吟(ローラ・リュウ)。「誠品敦南店がなければ、私たちの雑誌も存在しなかったと言っていいでしょう」と話す。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第1回:自社工房で実現した、超薄型時計への追求。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第1回:自社工房で実現した、超薄型時計への追求。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。