現役医師が教える、サウナで「ととのう」条件と正しい入浴方法

現役医師が教える、サウナで「ととのう」条件と正しい入浴方法

文:高野智宏 イラスト:泰間敬視

心と身体がととのい、健康効果が高いとされるサウナ。そこで、サウナで「ととのう」条件と正しい入浴方法について、現役医師であり日本サウナ学会代表理事の加藤容崇さんに聞いた。


Q1. 「ととのう」とは、どんな状態のことですか?

A1. 身体はリラックスし、頭は興奮した状態のこと

高温のサウナと水風呂による超温冷交代浴は、その温度差からもわかるとおり、実は身体に負荷をかける行為です。その結果、体内は交感神経が優位となり、アドレナリンなどの物質が放出された状態に。そして、そのまま外気浴や休憩へ移行すると、神経は副交感神経の優位へと速やかに切り替わりますが、アドレナリンの代謝には時間がかかるため、体内に残ったまま。つまり、身体はリラックスしているのに頭は興奮中となるのです。この高揚感が得られる感覚を「ととのった」と表現するのです。ただし、この状態が続くのは、アドレナリンが代謝されるまでの約2分間だけです。


Q2. 「ととのう」ために、必要な条件はありますか?

A2. 疲れていて、かつ空腹、そんな状態が理想的です

サウナ入浴前に仕事や運動で心身ともに疲労していることが重要です。「ととのう」ための条件として、自律神経の機能が低下している状況が適していて、サウナはこの自律神経を回復させる効果があります。つまり、回復前後の自律神経の状態に落差があるほど「ととのいやすく」なるというわけです。また、空腹状態であることも重要です。サウナでは身体の冷却のため血流が皮膚に多く分布し、サウナから水風呂への急激な環境の変化により交感神経が優位となります。その結果、満腹の状態でサウナに入ると消化管に血流が行かなくなり、消化不良を原因とする腹痛などを起こす危険性があるのです。


Q3. 「ととのう」ことで、どんな効能がありますか?

A3. 冷え症や自律神経失調症、不眠症に効くと思われます

自律神経の乱れに効果的だと思われます。加齢により自律神経の機能は徐々に低下しますが、サウナにより機能が上昇します。疲労により自律神経の機能が60歳代まで下がっていた30歳代の方が、20歳代まで回復した例もありました。冷え症や不眠症の方にもお薦めです。眠気のスイッチは実は体温の分布にあります。身体が「ON」の時は深部体温が高く皮膚表面の温度が低くなりますが、「OFF」の時は逆になります。サウナから出た直後は超「ON」の状態。その後、数時間かけて元の深部体温よりも低くなる一方で皮膚表面が高くなり、超「OFF」の状態になります。結果、眠りがよくなり深い睡眠がとれるようになるのです。

1 / 2p
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来