あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこ...

あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこそ響く一本です。

文:細谷美香

あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこそ響く一本です。

ユアン・マクレガーが無垢な少年っぽさを漂わせ、クリストファー・ロビンを好演。©2018 Disney Enterprises, Inc.

「くまのプーさん」の実写版と聞いて、子ども向けかな? と回れ右してしまう人がいるとしたら、あまりにももったいない! 『プーと大人になった僕』は、忙しい日々を送る大人の胸に響く秀作。プーさんの名言「『何もしない』をするよ」の精神が見事、一本の映画になりました。

主人公のクリストファー・ロビンを演じるのはユアン・マクレガー。映画は、彼が親友のプー、子ブタのピグレットやトラのティガーたちと別れてから、ロンドンで暮らす鞄会社のサラリーマンとなってからを描きます。放蕩息子の社長からの無理難題に応えるために多忙を極め、妻やまだ幼い娘とゆっくり過ごす時間をとれない毎日。そんな時、幼い頃に別れたきりのプーが現れます。「100エーカーの森」で仲間たちとも再会して懐かしい気持ちが胸に広がるものの、気にかかるのはやっぱり仕事のこと。会議のためにロンドンに戻りますが、彼が書類を忘れてしまったことに気付いたプーたちが、それを届けようと森を飛び出します。

冒頭、プーや家族と別れて寄宿舎に入った少年時代のクリストファー・ロビンのエピソードも描かれ、大人になった彼が「父親として妻と子どもをしっかり養わなければ」と強く思う背景にも説得力があります。妻や娘を大切に思っているけれど仕事を放っておくこともできず、せっかく再会したというのにハチミツのことばかり考えているプーを邪険にしてしまう。そんな彼の気持ちには、ワーカホリック気味の人こそ共感してしまうかもしれません。

プーは子どもの頃にずっと一緒だったぬいぐるみのようにモケモケとした毛が愛らしく、クラシカルな姿でスクリーンに登場。そんなプーが発するひと言ひと言は哲学者の言葉のようです。ときには人生の速度を落とすことの大切さを教えてくれる、のんきな親友のプー。ワークライフバランスの理想像ともいえる、心憎いラストが待っています。

あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこそ響く一本です。

つくり手たちがA・A・ミルンの原作に愛情を抱いていることが感じられる作品です。©2018 Disney Enterprises, Inc.

あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこそ響く一本です。

監督は『チョコレート』『ネバーランド』などを手がけてきたマーク・フォスター。©2018 Disney Enterprises, Inc.

『プーと大人になった僕』

監督:マーク・フォスター
出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェルほか
2018年 アメリカ映画 1時間44分
9月14日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて公開。
https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

あのプーさんが実写化! 『プーと大人になった僕』は、忙しい大人の心にこ...

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。