ピクサーの作品は、想像力と技術の融合から生まれる——。『トイ・ストーリ...

ピクサーの作品は、想像力と技術の融合から生まれる——。『トイ・ストーリー』に携わり続けた小西園子さんが夢見る、アニメーションの未来とは?

写真(人物):大瀧格 文:泊貴洋

小西園子(ピクサー テクニカル・ディレクター)●7歳の時に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)を見たことをきっかけに映画製作を志し、17歳で渡米。94年にディズニー/ピクサー入社。『トイ・ストーリー』の美術やライティングなどに携わった後、キャラクター・モデリングとリギングを担当。『メリダとおそろしの森』(12年)以降はシミュレーションのテクニカル・ディレクターとして、服や髪などの動きを担当。サンフランシスコ在住。

ピクサー・アニメーション・スタジオは、サンフランシスコから車で20分ほどの町・エメリービルにあります。敷地面積は東京ドーム約2個分。ゲートをくぐると、ピクサー作品でお馴染みのライト「ルクソーJr.」と「ルクソーボール」のオブジェが迎えてくれます。 ©Kaori Suzuki

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』など数々の人気作を生み出し、世界有数のアニメーション・スタジオとなったディズニー/ピクサー。最新作『トイ・ストーリー4』の日本公開を目前に控え、その勢いはとどまることがありません。ピクサーの歴史は1979年、ルーカス・フィルムのコンピュータ・アニメー...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ピクサーの作品は、想像力と技術の融合から生まれる——。『トイ・ストーリ...