新年を迎えるために心をリセット! 思い切り泣ける名画3本を教えます。

文:細谷美香

新年を迎えるために心をリセット! 思い切り泣ける名画3本を教えます。

西オーストラリア沖の島を舞台に描かれる『光をくれた人』。

2017年もいよいよ終わろうとしています。まっさらな気持ちで新年を迎えるために、すべてをリセットしてくれるような“泣ける”映画を観てみませんか? 2017年に発売されたDVDの中から、愛と喪失を描いた号泣必至の3作品をご紹介します。 

登場人物それぞれの苦悩と重なる、孤島の風景。

まず1作目は『光をくれた人』。英雄として戦地から帰還したものの心に傷を抱え、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。美しく朗らかな娘、イザベルと結婚したことで世捨て人のように生きようとしていた彼に穏やかな日々が訪れますが、度重なる流産という悲劇に見舞われてしまいます。そんなある日、島に流れ着いた赤ん坊を見つけたふたりは、自分たちの娘として育てることに。けれども数年後、トムは娘の実の母親の存在を知ってしまうのです。

世界的なベストセラー小説を映画化したのは、『ブルー・バレンタイン』でも夫婦の物語を描き出したデレク・シアンフランス監督。母親になる願いをついに叶え、どうしても娘を手放したくないイザベル。罪だと知りながらも妻の思いを受け入れ、やがて良心の呵責に耐えられなくなるトム。娘が生きていることを知り、我が子を取り戻したいと立ち上がる実の母親。監督が3人の思いを決して裁くことなく等しく描き出しているからこそ、それぞれの苦悩が痛いほど伝わってきます。

ガーディアン紙で「ティッシュ会社の株価が上がるほど、観る者は涙するに違いない」と紹介された『光をくれた人』は胸が苦しくなる作品ですが、涙を流してデトックスするのにぴったりの一本。登場人物たちの心情と重なる、嵐と凪が訪れる孤島の風景が厳かで美しく、ラストにはタイトルの意味とともに“許し”を巡る希望も描かれています。

新年を迎えるために心をリセット! 思い切り泣ける名画3本を教えます。

夫婦を演じるのは、マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル。

新年を迎えるために心をリセット! 思い切り泣ける名画3本を教えます。

『光をくれた人』監督/デレク・シアンフランス 出演/マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 2016年 アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド BD ¥5,076(税込)/KADOKAWA