『市民ケーン』の脚本家を描いたNetflixオリジナル...
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

『市民ケーン』の脚本家を描いたNetflixオリジナル映画『Mank/マンク』は、古くて新しい傑作!

脚本を手がけたのは、本作の監督を務めたデヴィッド・フィンチャーの実父でジャーナリストだったジャック・フィンチャー。マンクを演じたゲイリー・オールドマンは賞レースを騒がせることになりそう。

コロナ禍で劇場公開が困難を極めるなかで、次々と良作を配信するNetflix。開催が4月へ延期されることが発表された2021年のアカデミー賞においても、ベネツィア映画祭で作品賞を受賞している『ノマドランド』やA24配給の『Minari』の対抗馬として、『シカゴ7裁判』『マ・レイニーのブラックボト...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら