「戦うのではなく、ギターで人を抱きしめたい」、 サムライ・ギタリストM...

「戦うのではなく、ギターで人を抱きしめたい」、 サムライ・ギタリストMIYAVIが最新盤でたどり着いた新境地。

写真:田中丸善治 文:大嶋慧子

「戦うのではなく、ギターで人を抱きしめたい」、 サムライ・ギタリストMIYAVIが最新盤でたどり着いた新境地。

ギターをピックではなく指でかき鳴らす‟スラップ奏法”で注目を浴び、世界約30カ国350公演以上のライブを成功させるなど、ワールドワイドに活躍するギタリスト、MIYAVI。曲がスタートするやいなや、一気にトップギアまでもっていくスピード感、見る人をクギ付けにするパフォーマンスとテクニック――。‟サムライ・ギタリスト”の異名をもつ彼は、まさに押しも押されもせぬ日本を代表するアーティストです。

そんな彼の最新アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 –Worlds Collide –』が、2018年12月5日に発売となります。本作品は、キャリアやジャンル、国境も超えた、さまざまなアーティストとコラボレーションする‟対戦型”のアルバム『SAMURAI SESSIONS 』の第三弾。俳優のサミュエル・L・ジャクソンが参加していることでも、話題になっています。しかし、どこかいままでのアルバムとは違うなにかをそこに感じます。言葉にするとすれば、それはある種の心地よさです。本人に、いまの思いを聞きました。

「戦うのではなく、ギターで人を抱きしめたい」、 サムライ・ギタリストMIYAVIが最新盤でたどり着いた新境地。

──── いままで通りの激しさやパワーは健在なのですが、今回のアルバムはとてもメロディアスですね。

MIYAVI ギタリストとして、いま、ギターで歌いたいという気持ちがあるんです。いままでギターを刀がわりに飛んでくる弾を切って切って切りまくってきたんですが、弾は切れても戦車は切れない。そして戦車は無数にやってくる(笑)。海外だと特に限界を感じます。海外を相手に戦うことを考えてきたのですが、そもそも戦うこと自体が正解なのか? それは違うだろうと。僕はギターで人をハッピーにしたい、ワクワクさせたい、抱きしめたいんです。音楽こそが、言葉の壁や文化や国境や壁を超える。言葉が通じなくても、全然違う国の人たちが音楽を通じてひとつになれる。ずっとスラップでリズムを叩いていたんですが、リズムをベースに表現してきた中で、もっともっとギターで歌いたい、といま強く感じています。

プロデューサーのジャム&ルイスのテリー・ルイスが「MIYAVI、メロディこそがキングなんだよ」と僕に言ったことがあります。それは、彼がマイケル・ジャクソンから言われた言葉でした。僕はその時はそれこそスラップ全盛期だったので、ピンとこない感じだったんですが、いま身に染みてわかる。人って踊りたいし歌いたい。メロディが自分の記憶と結びついて、思い出になっていく。それが、人と人の心を結びつけていく。いま、ギターミュージックというものがなかなかラジオやテレビから聞こえてこない。そんな中で、新しいギターミュージックをつくる。それが自分のギターをもってなすべき使命だと思っています。だから、今回のアルバムではギターを前提にいろんなチャレンジをしました。スラップは自分のシグネチャートーンですが、それとは別にいかにソフトなトーンを表現するか。いかに自分らしくメロディを弾くかが大きな挑戦でした。

「戦うのではなく、ギターで人を抱きしめたい」、 サムライ・ギタリストMIYAVIが最新盤でたどり着いた新境地。

──── 後半に行くほどメロディアスですね。3人の女性ボーカルが続きますが、それは意図的なものですか?

MIYAVI それは曲調、曲順や曲の流れで決めたので、特に意図はないです。今回ギターで歌うという自分のギタリストとしての使命がある一方、洋楽と邦楽の壁を壊すというも大きなミッションでした。日本では、洋楽と邦楽に分かれてますが、日本だって世界の一部。その壁を壊すことも日本人アーティストとしてのひとつの使命かなと感じています。世界中どこへ行っても、踊りたい、歌いたい気持ちは一緒。だからその辺は、あまりこだわらずにごちゃ混ぜにしてみました。このアルバムは僕にとってもすごく実験的。これがいますぐすべて日本のマーケットには刺さるとは思ってないけれど、こういう音楽が日本の音楽シーンで鳴ってていいんじゃないかと思うし、鳴っているべきだとも思っています。