“カメ止め”に続くのはコレか⁉ 低予算ムービー『メラン...
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

“カメ止め”に続くのはコレか⁉ 低予算ムービー『メランコリック』に、じわじわと引き込まれる。

東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞を受賞するなど高い評価を得た作品です。

昨年、低予算で製作された『カメラを止めるな!』が社会現象とも言える大ヒットとなり、“第2のカメ止め”が待ち望まれている日本映画界。有名俳優をキャスティングしていないので(いや、していないからこそ?)先読みできず、ウディネファーイースト映画祭で新人監督作品賞を受賞と、”カメ止め“との共通点をもつ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。