北朝鮮へ潜入し、金正日と面した韓国スパイの実話サスペン...
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

北朝鮮へ潜入し、金正日と面した韓国スパイの実話サスペンス。『工作 黒金星と呼ばれた男』はいまこそ観るべき。

主演は『哭声/コクソン』など数々の代表作をもつ名優、ファン・ジョンミン。ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

サブタイトルの“黒金星(ブラックヴィーナス)”とは90年代に北朝鮮への潜入捜査を命じられた、韓国のスパイのこと。美しいコードネームで呼ばれた工作員の知られざる実話をもとにしたサスペンスが公開されます。

国家安全企画部から命じられて陸軍少佐から工作員になったパク・ソギョン。彼に与えられた任務は北朝鮮の核兵器開発の実態を探ることでした。実業家になりすましたソギョンが北京で接触したのは、外貨獲得の責任者である対外経済委員会の所長、リ・ミョンウン。ビジネスの話を通して、金正日とも近い立場にいる所長の信頼を得たソギョンは、ついに平壌へと招かれることになります。

一見、軽くも思えるこのビジネスマンを信用してよいものかと何度も試すような行動をする所長と、ピンチをくぐり抜けて近しくなっていくソギョン。その段階からすでに手に汗握らされているわけですが、ついに叶う金正日との面会シーンでは、心臓バクバク状態になってしまいました。目隠しされて空港から招待所へと連れて行かれたソギョンが自白剤を使って尋問を受けるシーンでは、緊迫感がマックスに! 

最後まで緊張の糸が一瞬たりともゆるむことがないのは、これまでもあらゆる役柄に命を吹き込んできたファン・ジョンミンの細やかな芝居あればこそ。アップで捉えられたわずかな表情の動きで、すべてを伝える名演を見せています。そして特筆すべきは、細部まで手抜きなしのプロダクションデザインではないでしょうか。金正日の別荘は巨大な壁画なども含め、我々がイメージする“ザ・北朝鮮”そのもの。この舞台裏をもっと見たい! と前のめりにさせるリアリティにあふれています。

この作品に限らず『タクシー運転手 約束は海を越えて』『1987、ある闘いの真実』など、韓国映画が得意とするポリティカル・サスペンスのここ数年の豊作ぶりには、目を見張るものがあります。今回の『工作』もそれに名を連ねる堂々たる作品。まさに「いま観るべきサスペンス」と言える一本です。

リアルな描写と、国家戦略の陰で育まれた、人と人との友情を描き出している点も注目です。ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

監督は裏社会を描いた『悪いやつら』、アクション時代劇『群盗』のユン・ジョンビン。ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED


『工作 黒金星と呼ばれた男』

監督/ユン・ジョンビン
出演/ファン・ジョンミン、イ・ソンミンほか
2018年 韓国映画 2時間17分 
シネマート新宿 ほかにて公開中。

http://kosaku-movie.com

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。