減量外来の医師が教える、こんぶ茶を飲めば2週間で3Kgやせる「3つの理由」

減量外来の医師が教える、こんぶ茶を飲めば2週間で3Kgやせる「3つの理由」

文:工藤孝文

Kayoko Hayashi-istock

こんぶ茶を毎朝1杯飲むだけで、人間本来の味覚を取り戻し、手軽で健康的なダイエットが実現することをご存じだろうか?そんなこんぶ茶を使った実践的な減量法を、ダイエット外来の専門医が解説する『毎朝こんぶ茶を飲んだら2週間で3kgやせた 』(工藤孝文 著/CCCメディアハウス刊)より一部抜粋。こんぶ茶がダイエットに効く3つの理由をお届けする。


こんぶ茶がダイエットに効く理由 その1

→脳を満足させるから、食欲の暴走を抑えられる  

ダイエットに成功するためにもっとも大切なことは何か?誘惑に打ち勝つ強い意志? 激しい運動? 低カロリーな食事?どれも一時的に体重を落とすことができるが、辛いガマンを強いるため、長続きはせず、挫折した経験を持つ方も多いだろう。これだけでは、太っていることの根本的な解決にはならない。


ダイエットに成功するために大切なことは、脳を満足させて、甘いものや脂っこいものを次々に食べてしまう、食欲の暴走を止めること。なぜ食欲が暴走してしまうのだろうか?それは脳に関係がある。脂肪や糖質の多い食べ物を摂ると、脳がドーパミンという快楽物質を作る。「こ ってりしたものや甘いものを食べることこそ幸せ!」と脳が勘違いしてしまうのだ。健康を害さない程度の量で満足しているうちはいいのだが、脳が快感を求めて高脂肪の食品や糖質の摂取を求めるので、だんだん摂取量が増えていく。気づいたときには摂取しないとイライラが起こるなど、禁断症状があらわれる。つまり、麻薬と同じような依存性があるのだ。実際に甘いものはコカイン以上に依存性が高いという研究もある。

 

んぶ茶で味覚をリセットすれば自然にやせられる

このスパイラルから抜け出すためには、こってりしたものや甘いものを好むデブ味覚を正常にして、薄味でヘルシーな食材でも満足できる、やせ味覚にリセットしていく必要がある。無理な食事制限をしなくても、自然に食欲を落ち着かせることができて、気づいたらするするとやせていく。この味覚リセットにおすすめなのが、こんぶ茶だ。

朝1杯のこんぶ茶を飲むだけで、グルタミン酸をはじめとしたうま味成分や、こんぶに含まれるさまざまな栄養素が脳を満足させるので、約2週間で味覚が正常になっていく。早い人は数日で味覚が変わってきたのを感じるだろう。

1 / 3p
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来