スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理...
PROMOTION

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

文:西山亨

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

去る7月20日と21日に、茨城県で行われたJTのイベント『Starlight Tour produced by DINING OUT』。農園で国産葉たばこの収穫を体験した後は、セブンスターが最も美味しく味わうことができるというバーベキューのコース料理が振る舞われました。

今年から本格的に稼働している「JTファーム」があるのは、牛久大仏や霞ケ浦からほど近い茨城県阿見町。のどかな田園風景に囲まれたこの農園では、JT(日本たばこ産業)が東京ドーム約1.4倍の広さを誇る畑で葉たばこを中心に栽培しています。今回、ここで開催されたのが『Starlight Tour produced by DINING OUT』と名付けられたイベントです。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

草丈が1m以上に育ったたばこの葉の収穫を体験する参加者。

今年で発売50周年を迎えたセブンスターに使われている、国産葉たばこを実際に収穫するというもの。また、国産や外国産、種類の違いを理解したうえで、乾燥し細かく刻んだ葉たばこをブレンドし、自分好みのセブンスターをつくって試喫するという内容です。その後、同県石岡市のキャンプ場へ移動して、セブンスターの味わいにマッチしたバーベキュー料理を堪能します。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

『DINING OUT』のプロデュースによって、キャンプ場でバーベキュー料理が提供されました。

実は、このイベントをプロデュースしたのは、国内外のトップシェフを招いて、全国各地で数日間だけのキャンプ場を開催する『DINING OUT』。今回は、東京・北青山の『THE BURN』で総料理長を務める米澤文雄氏がシェフとして参加。『DINING OUT』のホスト役として知られるコラムニストの中村孝則氏が案内役を務めました。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

『THE BURN』の総料理長、米澤文雄氏自ら腕を振るいます。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

過去7回の『DINING OUT』でホストを務めたコラムニストの中村孝則氏。

さて当日の昼過ぎに、事前のイベント告知に応募・当選されたイベント参加者を乗せたバスが東京から到着。さっそく、収穫した葉たばこを保管する倉庫の中で、葉たばこに関する簡単なレクチャーが始まりました。たばこはナス科の植物で、最も多く栽培されているのはニコチアナ・タバカムという学名のもの。花が咲く頃に草丈は120cm以上になり、葉っぱ一枚は大きいものになると縦70cm、横30cmくらいまで成長します。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

参加者の皆さんが、東京よりバスで「JTファーム」に到着しました。

日本では北は青森から南は沖縄までの地域で耕作が行われていて、主に黄色種とバーレー種と呼ばれる品種が栽培されています。黄色種は甘みのある香りや吸ったときに感じる甘みが特徴で、バーレー種はチョコレートのような香りがして、吸うと煙の軽快さが感じられます。種を蒔いてから収穫、乾燥、梱包して出荷するまで約10カ月。茨城県の場合は、2月中旬に種を蒔いて苗をつくり、5月上旬から8月まで収穫を続けます。その後は、乾燥機を使って5~7日ほど乾燥させると出荷できる状態になります。このような葉たばこに関する基礎知識をしっかり習得した上で、畑へ向かいました。

スペシャルイベントで、国産葉たばこの収穫とプレミアムなバーベキュー料理を体験。

倉庫内ではたばこに関する簡単な講義が行われました。

1 / 4p