話題のGINZA SIX、6階「銀座 蔦屋書店」は、アートを身近に感じ...

話題のGINZA SIX、6階「銀座 蔦屋書店」は、アートを身近に感じられる“体験型空間”です!

写真:外山温子(CROSSOVER)  文:阿部博子

白木と鉄骨で構成された櫓のような書架に囲まれた「T-GALLERIA」。アートと日本文化の融合をテーマに、内装デザインはトネリコが手がけた。オープニングイベントは、杉本博司、名和晃平、蜷川実花による合同展示「Sensible Garden 感覚の庭」を展示。

4月20日にグランドオープンし、話題を集めている「GINZA SIX」。施設内で注目を集めているのが「銀座蔦屋書店」です。これまでさまざまなライフスタイルを発信してきた蔦屋書店が銀座で仕掛けるテーマは、ずばり「アート」。700坪のフロアは、アートに特化した6万冊の本をそろえる書店、イベントスペース、ギャラリー、カフェ、専門ショップで構成されています。
店内のメインストリートでもある「アートストリート」は、蔦屋書店が選ぶアーティスト100名の書籍を時代に沿って展開。そのほか、世界中からセレクトしたアートの洋雑誌は約70タイトルに加え、希少価値の高いヴィンテージ本コーナー、常時50種類をラインアップする日本で唯一のビックブック常設コーナーも見所のひとつです。パリやニューヨークなど、世界各地で開催中の展覧会の図録を入手することも可能。アート好きなら見逃せない圧巻の品揃えを誇ります。
そして何と言っても目を引くのが、店の中心に位置する「T-GALLERIA」。日本建築の「櫓(やぐら)」をモチーフとした高さ6mの書架に囲まれたエリアは、定期的にアートや日本文化に触れられるイベントを開催していく予定。書架の周りには、歌舞伎や浮世絵などの江戸時代の文化や風俗を紹介する書籍や写真集、レターケースやクリアファイルなどのオリジナルグッズを展開するエリアとして、日本文化の魅力を再発見できる場になっています。

書店内「アートストリート」の中心に展示された、名和晃平氏の造形作品。書店の中ではそこかしこに本物のアートが展示されていて、本とアートの両方に接することができる。

日本で唯一のビックブックコーナー。タッシェン社をはじめ、蔦屋書店が独自編集したオリジナルのビックブック約50種類をラインアップ。奥の書棚では、ポンピドゥーセンターやテート・ブリテン、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館などで現在開催中の図録も販売。

「銀座蔦屋書店」でしか購入できないオリジナルグッズも充実。葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフとした文具やトートバックはお土産にも喜ばれそう。

西洋美術、日本美術、アートリテラシーのコーナーに囲まれた「ブックイベントスペース」は、書籍発売記念トークイベント会場としても活用していく。

「GINZA SIX」全体のデザインテーマでもある斜めのラインは書棚のデザインにも展開。

書店の中には、なんと日本刀を買えるコーナーも。400年続く刀匠が手がける現代刀をオーダーメイドできるとあって早速海外の旅行客からも人気だ。

書店内には高級時計「リシャール・ミル ライフスタイルラボラトリー」の世界初となるプロモーションストアもお目見え。

1 / 3p
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?