絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

写真:蛭子 真 文:脇本暁子

絵本には、大人になった今だからこそ楽しめる世界があります。また一冊の絵本との出合いが、ときに一生の宝物になることも。独自の切り口で絵本を揃える人気書店で、店主のお薦めとセレクトのこだわりを取材しました。


<京都・河原町丸太町>味わいある本を、コーヒーとともに。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

『月夜の森で』や南インドのタラブックスによるハンドメイド絵本『夜の木』など、珠玉の作品に出合える空間。

本好きの間で知られる書店「恵文社一乗寺店」。そこで13年間店長を務めた堀部篤史さんが独立し、2015年に鴨川近くの路地裏に開いたのが「誠光社」です。取次を介さず出版社と直接、取引して仕入れるという、新しい書店のあり方としても注目されています。「ベストセラー本を置かないわけではないですが、実用的なものよりは味わいのある本を」と言う店主の審美眼に適った本が、ズラリと陳列されています。「本で泣くという行為は、過ぎ去ったものを懐かしむ感覚で、大人ならではのもの。その瞬間を生きている子どもにはできません」と、大人の心に響く絵本も多く揃えます。店内で提供する京都の「かもがわカフェ」と「六曜社」とのオリジナルブレンドコーヒーを片手に、好みの一冊を探してみては。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

奥にあるギャラリースペースでは、ポップアップショップや写真展、イラストの原画展などを開催しています。また、著者や識者を招いてのトークショーなどのイベントも行っています。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

木の温もりが感じられる店内の、絵本が並ぶコーナー。ギャラリーで原画展を開催したイラストレーター、死後くんの初の絵本『ごろうのおみせ』も。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

店主が「嗜好品のように楽しんでほしい」と選んだ趣ある本とともに、誠光社刊行の書籍も販売。

店主のお薦め絵本

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』ベン・シャーン 絵 アーサー・ビナード 構成・文 集英社 2006年

1954年、アメリカの水爆実験で死の灰を浴びた第五福竜丸の悲劇を、アメリカを代表する画家ベン・シャーンが描き、絵本にしたもの。読んでいて胸に迫るものがあります。和田誠や粟津潔にも多大な影響を与えている彼の、作品集の入門編としてもお薦めです。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

店主の堀部篤史さん。

絵本好きなら一度は行きたい、関西の書店。

誠光社

京都府京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
TEL:075-708-8340
営業時間:10時~20時 
無休
www.seikosha-books.com

1 / 2p