「江戸ワンダーランド」の新たなる挑戦、 現代の生活に自然を取り戻す“S...
PROMOTION

「江戸ワンダーランド」の新たなる挑戦、 現代の生活に自然を取り戻す“SATOYAMA”づくりとは?

文:Pen編集部

「江戸ワンダーランド」の新たなる挑戦、 現代の生活に自然を取り戻す“SATOYAMA”づくりとは?

江戸ワンダーランド代表のユキ・リョウイチさん(右)とアファンの森財団理事長のC.W.ニコルさん(左)。江戸の文化を再現した場所に里山を取り戻す「EDO—SATOYAMAプロジェクト」は、ふたりの悲願でもある。

──栃木県日光市にある、江戸時代の文化を再現したテーマパーク「江戸ワンダーランド 日光江戸村」(以下、江戸ワンダーランド)。ここで、現代の生活に自然を取り戻す「EDO—SATOYAMAプロジェクト」がスタートしました。今回のプロジェクトを手がけるのは、江戸ワンダーランド代表のユキ・リョウイチさんとプロジェクトの監修を担う自然環境保護活動の第一人者・C.W.ニコルさん。俳優やミュージシャンとしても活躍していたユキ・リョウイチさんは、若い頃からC.W.ニコルさんの大ファンだったといいますが、ふたりが出会ったのは、20年以上も前に遡ります。その出会いから今回のプロジェクトを立ち上げた経緯、今後の展望までをユキさん、ニコルさんが語ってくれました。

ユキ:音楽をメインに活動していた頃、ケルト文化と音楽が大好きで、“ケルト系日本人”として活躍されていたニコルさんにずっと憧れていました。そこで、当時私がやっていたラジオ番組に出演をお願いし、ゲストで来ていただいたのが初めての出会いでした。

ニコル:1996年頃だね。初めて会った時からユキさんのことはなんとなく息子のように感じていました。いまはおたがい歳を取って、すっかり弟って感じですけど(笑)。

──ラジオ番組での共演をきっかけに急激に距離が縮まったふたり。その後、ニコルさんが長年保全活動を続けている長野県黒姫村の「アファンの森」を訪れたユキさんは、その自然の美しさに衝撃を受けたそうです。

ユキ:森の中に入った瞬間、感動してなぜだか涙が止まりませんでした。うまく表現できませんが、森が語りかけてくる感じというか。この森は、ニコルさんの愛をたくさん受けてすくすく育ったんだろう、と直感的に感じました。

ニコル:黒姫村での森づくりは1986年から始めました。長年かけて荒れ果てた森が、手入れすることにより、多くの生き物や木々が戻ってきました。そこでユキさんが感じたのは、森がもつ癒しの力だと思います。最近「森林浴」という言葉がトレンドになっていますが、健康的な森は人間の心を浄化する「癒しのパワー」をもっていると言われています。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。