U-NEXTで続々配信へ。大ヒットドラマをつくり続けるHBOのこれだけ...

U-NEXTで続々配信へ。大ヒットドラマをつくり続けるHBOのこれだけは外せない傑作6選

文:今祥枝

『メディア王~華麗なる一族~』は、 第72回エミー賞で作品賞を含む7部門を受賞した。© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

コロナ禍のステイホームでの需要も高まり、定額制動画配信サービスの躍進が目覚ましい。改めて多くの質の高い作品に触れる機会も増える中で、現代の海外TVシリーズや配信オリジナル作品の質の高さを実感した人も多いに違いない。映画並みのスケール、映画並みのクオリティ、地上波では不可能な表現。このように評されるアメリカのテレビの黄金時代を牽引し、品質保証の代名詞とも言えるブランドを築いているのが、アメリカのワーナーメディア傘下のプレミアム・ケーブル局「HBO(Home Box Office)」である。

HBOって何? と思った人でも、巨費を投じた超大作『ゲーム・オブ・スローンズ』や、赤裸々なセックス描写も画期的だった『セックス・アンド・シティ』などのヒット作を生み出している放送局と聞けば、イメージがわくだろうか。世界各国でサービスを展開し、高い視聴料で多くの契約者を抱えるHBOは、潤沢な資金力を持ち、スポンサーに縛られないことからクリエイティビティの自由度が高い。これは近年Netflixについて論じられることが多いが、そもそもの雛型はHBOと言っていい。2000年代以降、HBOのヒット作はプライムタイム・エミー賞ほか主要なアワードの常連だ。




1972年に開局したHBOが、現在に至る快進撃の口火を切ったのは1990年代のオリジナル番組だ。1997年から始まった刑務所を舞台にした異色作『OZ/オズ』のインパクトは絶大だった。以後、1998年の『セックス・アンド・ザ・シティ』、1999年には現代のマフィアを描いた『ザ・ソプラノズ』と社会現象を巻き起こすヒット作を連発。また、通好み過ぎる刑事ドラマ『THE WIRE /ザ・ワイヤー』(2002年〜2008年)のように、視聴者数は多くはなくとも語り継がれる名作も。

常に賞狙いとも言える重厚な作品を送り出す一方で、時代時代で流行りの題材に挑む姿勢もHBOならでは。ヴァンパイアドラマ『トゥルーブラッド』(2008年~2014年)やZ世代を描いた『ユーフォリア』(2019年~)、異色のアメコミ『ウォッチメン』など、同時代の似た題材のヒット映画やドラマと比べると、「HBOならこう作る」といった確固たるビジョンや革新性が見て取れるはずだ。

1 / 3p
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」と尾上菊之助が語る「新しい出会い」とは
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」と尾上菊之助が語る「新しい出会い」とは