いま最も知りたい国、「中国」。13億人以上が暮らす大国の変化を数字で読...

いま最も知りたい国、「中国」。13億人以上が暮らす大国の変化を数字で読み解く。

中国のいまの変化を、どれだけの人が予想できたでしょうか。
「現代の中国ほど複雑な国はない。沿岸部にアメリカやヨーロッパも顔負けのハイテク都市が出現する一方で、内陸部には1日1.9ドルの貧困ライン以下の暮らしを続ける農民がいる。『只見樹木、不見森林(木を見て森を見ず)』は共産中国を建国した毛沢東の残した警句だが、いまの中国を理解するためにこの言葉は有用だ。ひとつのデータ、ひとつの側面だけで中国を理解しようとすると、行く先を見失う。森と木をバランスよく見て初めて、中国という大国を理解できる」と語るのは、ニューズウィーク日本版の長岡義博編集長です。いまの中国について、気になるデータをもとにひも解いてもらいました。数字が物語るのはこの国の巨大さ、経済発展を背景にした変化のスピード、そして社会の複雑さです。

いま最も知りたい国、「中国」。13億人以上が暮らす大国の変化を数字で読み解く。

男性7億1137万人、女性6億7871人。男性が3266万人も多いのは男尊女卑の価値観と1人っ子政策ゆえ。男性の結婚難「剰男(ションナン)」だけでなく、売り手市場で条件を厳しくし婚期を逃す「剰女(ションニュイ)」現象も。政府は2人っ子政策に切り替えたが、少子化は止まらず早ければ2023年頃から人口減少が始まるといわれている。

いま最も知りたい国、「中国」。13億人以上が暮らす大国の変化を数字で読み解く。

2017年の数字。日本円で約62万円。農村住民はその3分の1の1万3432元(約23万円)。日本と比べるとまだ差があるように見えるが、IT企業の中には日本企業を上回る高給を出す会社も。中国版ウーバーのドライバーなど副業も盛ん。

いま最も知りたい国、「中国」。13億人以上が暮らす大国の変化を数字で読み解く。

かつて中国は農民が人口の大半を占める国だったが、経済成長によって労働力として都市に出稼ぎ農民が集まり始め、都市住民と農村住民の人口比が逆転した。ただし都市に移住した農民は都市戸籍がないため教育や福祉を受ける権利がなく、社会問題になっている。