Penが選んだ、今月の注目カルチャー

Penが選んだ、今月の注目カルチャー

クリエイティブを刺激する、アート、本、映画、音楽を紹介する「Penが選んだ注目のカルチャー」。注目すべき作品を、一挙にご紹介します。



[BOOK/本] 文:今泉愛子

各地の風土から生まれた、「麺」の文化史を掘り起こす。
『そばうどん知恵袋111題』

そばのもり汁とかけ汁の違い、引っ越しそばの由来、そば湯は重宝されるのに、うどんのぬき湯は言葉自体が役に立たないもののたとえとして使われるのはなぜか。そばとうどんにまつわるQ&Aを網羅した本書。さらに、きしめんや素麺、冷麦についても解説する。面白いのは、岩手の椀子そば、山形の板そば、新潟のへぎそば、出雲の割子そば、秋田の稲庭うどんや讃岐うどん、山梨のほうとうなど地方の麺の紹介。風土を活かした麺の描写を読むと、どれもいますぐ食べてみたくなる。

Penが選んだ、今月の注目カルチャー

そばうどん編集部 編 柴田書店 ¥1,944(税込)

悪態をつけるのはいい職場⁉ ちくしょう!にも効用がある。︎
『悪態の科学 あなたはなぜ口にしてしまうのか』

「ちくしょう!」「ふざけんな!」。思いもよらない事態に遭遇した時、不意に口から出てしまう悪態は、人間にとってどんな意味があるのか。著者は心理学や神経科学をもとに考察する。悪態は、必ずしも人間関係にダメージを与えるとは限らない。気軽に悪態をつく関係が成立している職場の方が働きやすいという調査結果もあるし、痛みを感じた時は、悪態をつくと痛みに耐えやすくなるのも事実。悪態はこれからもなくならないのかも⁉

Penが選んだ、今月の注目カルチャー

エマ・バーン 著 黒木章人 訳 原書房 ¥2,376(税込)

微妙な距離感にヒリヒリする、気鋭詩人の待望の新作。
『天国と、とてつもない暇』

詩を通じて言葉に対する新しい感覚を呼び覚ます最果タヒの最新詩集。一作ごとに縦書きや横書き、改行位置や行間隔を自在に使い分けてリズムをつくる詩の世界は健在だ。“みんなのことがあまり好きじゃない、ということがばれないようにしたくて、”と始まる「かるたの詩」、“中途半端な人生は近似されてなかったことになる歴史のなかで、私たちは何がしたかったのかな”と問いかける「花屋の詩」など、他人や社会、あるいは自分自身との距離の置き方の独特の感性に、ヒリヒリする。

Penが選んだ、今月の注目カルチャー

最果タヒ 著 小学館 ¥1,296(税込)