Penが選んだ、2019年2月の注目カルチャー

Penが選んだ、2019年2月の注目カルチャー

クリエイティブを刺激する、本、映画、音楽を紹介する「Penが選んだ注目のカルチャー」。注目すべき作品を、一挙にご紹介します。



[BOOK/本] 文:今泉愛子

アアルトやモリスが手がけた、“あの家”のすごさを解明。
『図解 世界の名作住宅』

ウィリアム・モリスのレッドハウス、アルヴァ・アアルトのカレ邸、菊竹清訓のスカイハウスなど海外・日本の巨匠建築家が手がけた住宅を年代順に掲載。モダニズム建築から自然環境を活かした建築が主流となる20世紀まで、住宅建築の流れがよくわかる。イラストは建物と周囲の環境や地形を伝え、屋根を取り除いた内部の俯瞰図で、各住宅の個性は一目瞭然。チュニジアの穴居やトルコの洞窟住居、モンゴルの組み立て式住居など風土に根付いた伝統的な住宅の機能性にも注目したい。

Penが選んだ、2019年2月の注目カルチャー

中山繁信/松下希和/伊藤茉莉子/齋藤玲香 著 エクスナレッジ ¥1,944(税込)

科学のあるべき姿とは? 天才学者の思考の軌跡。
『魂に息づく科学 ドーキンスの反ポピュリズム宣言』

1970年代、生物の進化における遺伝子の役割を解明した『利己的な遺伝子』で、進化学に新しい流れを巻き起こした著者が、これまでのスピーチやエッセイなどをテーマ別に編集。ダーウィンの理論から今日までの進化学の流れを追い、科学のあるべき姿を問う。現代人が高所に恐怖を感じるのに、はるかに危険な自動車の高速運転には恐怖を感じないのは、いつから続く遺伝子によるものかなど、高度な内容にわかりやすくアプローチする。

Penが選んだ、2019年2月の注目カルチャー

リチャード・ ドーキンス 著 大田直子 訳 早川書房 ¥2,916(税込)

人類はなにを目指すのか、答えは海が知っている。
『海の歴史』

欧州を代表する知識人として知られる著者は冒頭で「海には、富と未来のすべてが凝縮されている」と語る。そこで137億年前のビッグバンから現在に至るまで、海が人類とどんな関係を築いてきたかを解き明かす。海の民と呼ばれたフェニキア人、海洋国として栄えたオランダなど海を軸にした世界史、漁業の在り方、海が直面している環境被害の現状、さらに現在の海を巡る国際情勢など多岐にわたるテーマを舌鋒鋭く論評している。

Penが選んだ、2019年2月の注目カルチャー

ジャック・アタリ 著 林 昌宏 訳 プレジデント社 ¥2,484(税込)

1/3