見返すいつかの未来に、写真は真価を発揮する。

見返すいつかの未来に、写真は真価を発揮する。

文:馬庭あい
41

浅田政志

写真家

●1979年、三重県生まれ。2009年『浅田家』で第34回木村伊兵衛写真賞受賞。作品制作の他、「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」など幅広く撮影を行う。最新刊『浅田撮影局 まんねん』の発売記念写真展『浅田撮影局』が、10月12日までパルコミュージアムトーキョーで開催。

浅田政志は、家族写真の概念をひっくり返した。戦隊ヒーロー、バンドマン、消防士。自身と両親、兄でさまざまな職業の人々になりきって撮影した作品を収めた写真集『浅田家』で、2009年に木村伊兵衛写真賞を受賞。その『浅田家』と『アルバムのチカラ』を原案に、浅田の半生を描いた映画『浅田家!』が、10月2...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
見返すいつかの未来に、写真は真価を発揮する。