「信じる」とはなにか。頑張る自分は信じていい。

「信じる」とはなにか。頑張る自分は信じていい。

文:久保玲子
40

芦田愛菜

女優

●2004年、兵庫県生まれ。07年に芸能界デビュー。10年にドラマ『Mother』で注目を集め、『うさぎドロップ』『阪急電車 片道15分の奇跡』(ともに11年)で第54回ブルーリボン賞新人賞を史上最年少で受賞。声優やテレビ・パーソナリティなど幅広く活躍する。

3歳でデビューし、天才子役として人気を博した芦田愛菜。16歳を迎えた彼女の6年ぶりとなる主演映画は、大森立嗣監督作『星の子』。作家、今村夏子の同名小説の映画化だ。芦田は、撮影時の自身と同年齢である中学3年の林ちひろを演じる。両親は病気続きだった娘・ちひろを治したと信じる宗教に傾倒していく。「ち...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
「信じる」とはなにか。頑張る自分は信じていい。