無理のない青を携え、 生活の中で美を放つ器。

Creator’s file

アイデアの扉
笠井爾示(MILD)・写真
photograph by Chikashi Kasai
山田泰巨 ・文
text by Yoshinao Yamada

無理のない青を携え、
生活の中で美を放つ器。

小野象平 Shohei Ono
陶芸家
1985年、愛知県生まれ。常滑の陶芸家、鯉江良二を師として作陶を学んだ後、父・小野哲平のもとで器づくりを始める。1/17から東京のシボネ青山にて、さらに2/15から大阪のアートサロン山木、5/12から東京のBLOOM&BRANCH青山で自身の展覧会を開催予定だ。

「一般的に青い器は食事と合わせにくいから、敬遠されがちなんです」高知県香美市で活動する陶芸家、小野象平は自身の器を手に苦笑する。しかし暗色の器に浮かび上がる深い青に魅了されるファンは多い。小野は自ら山で土を掘り、檜(ひのき)の灰を使う釉薬の制作も含めて一から器づくりに挑む。地元の赤土は鉄分が多...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

無理のない青を携え、 生活の中で美を放つ器。