激アツの恋愛ストーリーが話題、モデルや俳優もこなすドラ...
vol.01

激アツの恋愛ストーリーが話題、モデルや俳優もこなすドラマーKaito

撮影:高木康行 文:佐野慎悟

久しぶりに母校の最寄り駅へと降り立ったKaitoさん。中学時代から6年間ほぼ毎日通った通学路は、なんでもない風景の中にもたくさんの思い出が詰まっている。

取材対象のありのままの素顔に触れるべく、親密な距離感での取材スタイルを持ち味としていた「♯バズ美女」は、3月の緊急事態宣言発令以降は取材の自粛を続けていた。しかしこのたびついに、性別や年齢を問わずあらゆる分野で“バズってるピーポー(People)”にフォーカスを当てる新連載「バズピ」として、リニューアルを遂げた。

第1回のゲストとして登場する記念すべき「バズピ」第1号は、ロックバンド「インナージャーニー」のドラマーで、今年3月に高校を卒業したばかりのKaito(カイト)さんだ。ここ最近はバンド活動だけにとどまらず、モデルや俳優としてもぐんぐんと活躍の場を広げており、恋愛リアリティドラマの『オオカミくんには騙されない』出演時には、ヒリヒリするような激アツの恋愛ストーリーで視聴者の心をワシ掴みにした。

高校を卒業してからまだ1年と経ってはいないが、日々加速度的な成長を続けているKaitoさんを、ふたたび母校の通学路へと連れ出して、自身の“これまで”と”これから”について考えてもらった。


──通っていた高校はどんなところでしたか?

Kaito:僕は幼稚園から高校まで和光学園に通っていて、幼稚園と小学校は世田谷区、中学と高校は町田市の校舎でした。和光は自主性を重んじる自由な校風で、学年は違いますが、バンドメンバーともここで出会いました。


──高校のあるエリアはどんなところでしたか?

Kaito:子どもの頃から都会の喧騒があまり好きではなかったので、緑豊かで、ゆったりとした雰囲気の街にある学校に通えて、とても嬉しかったです。

改札を出ると、その場に佇んで懐かしい街の風景をしばらく眺めるKaitoさん。和光学園には私服で通っていたため、制服への憧れが強いのだとか。

1 / 3p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。