ヴァージルも惚れ込んだ、東京ストリートの花。

ヴァージルも惚れ込んだ、東京ストリートの花。

写真:亀井隆司(W) 文:佐野慎悟

vol.23
MAO
ショップスタッフ/デザイナー

バンダナ柄のシャツは「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」、ブルゾンは「キャピタル」。メンズのストリートファッションをこよなく愛するマオさんは、オフ-ホワイトの前身となる「パイレックス ヴィジョン」の頃からヴァージルの大ファン。

メンズライクなストリートスタイルに身を包むのは、ヴァージル・アブローが手がける「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™」の日本唯一のフラッグシップショップ、青山にあるサムシング&アソシエイツ” c/o オフ-ホワイト トウキョウで働くMAO(マオ)さん。昔から男性物のファッションにしか興味が湧かず、その中でも特にパンツの魅力に取り憑かれてしまった彼女は、世界有数のラグジュアリーブランドから新進気鋭のストリートブランドまで、「目についたパンツは片っ端から履いてきました」と語ります。理想のパンツを追求した結果、自分でつくってしまうのが一番早いと気づいたマオさん。早速「ROGIC(ロジック)」というブランドを立ち上げたところ、その噂は瞬く間に広がり、気が付けばヴァージルをはじめとするトップブランドのデザイナーたちや、フューチュラ、ビリー・アイリッシュなど、世界のファッション、カルチャーシーンを牽引する面々がこぞって着用するブランドとなりました。ヴァージルは個人的にもマオさんのセンスに絶大な信頼を寄せているようで、ふたりはSNSを通じて常に情報交換をしているそうです。

「ヴァージルはいつも気になった東京ブランドの情報を聞いてきたり、代わりに購入して欲しいアイテムのスクリーンショットを送ってきたり、SNSで頻繁に連絡をくれます」とマオさん。ヴァージルはメディアからインタビューを受けている際にもスマホを手放さず、誰かと常に連絡を取り合っていることで知られていますが、マオさんはそのSNSの向こう側にいる相手のひとりなのかもしれません。世界のファッションシーンに大きな影響力をもつ、東京ストリートのバズ美女から今後も目が離せません。

2016年にオフ-ホワイトのショップがオープンすることを知ったマオさんは、「自分以上の適任者なんているわけがない」と、迷わずショップスタッフの職に応募。見事オープンメンバーに選ばれ、以来ヴァージルのスタイルを体現するアイコンとして、広く情報を発信しています。

マオさんが手がけるロジックのシグネチャーアイテムが、こちらのペイズリー柄のカーゴパンツ。ヴァージルやビリー・アイリッシュも、このパンツの色違いを愛用しています。

メンズのストリートファッションをベースにしていながら、そのスタイリングには女性的な可愛らしさもしっかり盛り込んであります。

グローバルなセンスと交友関係をもっていながら、マオさんはそのスタイルをしっかりと東京のストリートに落とし込んで楽しんでいます。だから浮ついた感じがせずに、代わりにリアルさが滲みます。このパイソン柄のパンツは、ロジックの新作。メンズ、ウィメンズ、どちらにもカテゴライズされない自由な表現が、いまの空気感に自然と馴染みます。

夕暮れ時に、東京の街を眺めるマオさん。日々表情を変えていくこの街の姿は、彼女のクリエーションにどのような影響を与えているのでしょうか?

マオさんが着用しているTシャツは、シカゴ現代美術館で開催されているヴァージル・アブローの初個展、“フィギュアーズ・オブ・スピーチ”の会場にて限定販売されているもの。マオさん自身は観に行けていないようですが、オフ-ホワイトの日本の代理店を務めるイーストランドの社長が、特別にお土産で買ってきてくれたそうです。

Tシャツのフロントには、もはや伝説となりつつあるパイレックス ヴィジョンのムービーの一場面がプリントされています。メンズのストリートファッションに傾倒する傍ら、タピオカ好きという女の子らしい一面も持ち合わせているマオさん。ただ好きが高じて、台湾まで理想のタピオカ探しに飛んでしまうそうなので、やっぱりとことん突き詰めていくタイプのようではあります。

自分の好きなスタイルを貪欲に追いかけて、そのまま自然の流れで世界のトップクリエイターたちと交流するマオさん。その気負うことのない等身大の姿が、リアルな東京ストリートスタイルを体現しているようです。

Q1
好きな男性のタイプは?
A
尊敬出来る人
Q2
好きな男性のファッションは?
A
似合っていればOKです。
Q3
よく行くお店は?
A
カフェ
Q4
好きな食べ物は?
A
練りモノ系
Q5
趣味は?
A
映画鑑賞、買物。
Q6
好きな休日の過ごし方は?
A
洋服をチェックしに行く。映画をひたすら見る。
Q7
好きな音楽は?
A
ジャンル問わず。
Q8
特技は?
A
裁縫
Q9
好きな映画は?
A
最近だと『ボヘミアン・ラプソディー 』。15回は観ました。わたしにないものをフレディが持ちすぎてて。
Q10
身長は何cm?
A
168cm
Q11
好きなお酒は?
A
サングリア ワインが好き。
Q12
自分は犬系女子、猫系女子?
A
猫系と言われます。
Q13
インスタグラムで反響が大きかった投稿は?
A
私服コーデ
Q14
自撮りする時に気をつけていることは?
A
特にないですが、白バック。洋服に目がいくように。
ヴァージルも惚れ込んだ、東京ストリートの花。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。