Vol.30 ソール・ライターがモノクロで写した、自然...
写真・文:錦 多希子

定期的に海外のひとつの出版社に焦点を当て、その出版社の本だけを取り扱うショップ「POST」のスタッフが、いま気になる一冊をピックアップ。今回、POSTの錦多希子さんが取り上げるのは、写真家ソール・ライターによるモノクロのヌード作品集。彼に近しかった女性たちを写した自然体のヌードは、ライターの美への姿勢が凝縮して見てとれます。

Vol.30 ソール・ライターがモノクロで写した、自然体のヌードの美しさ。

In My Room / Saul Leiter / Steidl
イン・マイ・ルーム / ソール・ライター / シュタイデル

POSTで初めてソール・ライター(1923~2013年)の写真集『Early Color』を扱うことになったのが、確か2014年頃のこと。ウィリアム・エグルストンを筆頭に「ニュー・カラー」を牽引した面々が織りなす、まるで快晴の青空のように抜けのいい写真に心を奪われていた当時の私の眼には、ライターが撮る世界がとても新鮮に映りました。どこか哀愁を帯びた、ずっしりとした濃い色彩は、これまで出会ったどの写真家とも同類項で結ぶことができません。とてもひと言ではその魅力を語り尽くせない。ライターのもつ底力は、ボディーブローのようにじわじわと熟成していきます。写真家として活動する人、写真という表現を愛する人。店頭で本を見てくださるたくさんの人たちに、彼の作品をただ観てほしいとばかりに、しきりに紹介していました。

衝撃的な出会いからはや数年。「念願叶って、オリジナルプリントを見られる!」と、昨年Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されたライターの回顧展に、はりきって駆けつけました。展覧会は、写真集だけでは伝わらない、実に多くの驚きや発見に満ちていましたが、なによりも感銘を受けたのは、モノクロのヌード作品『In My Room』シリーズでした。

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。