Vol.28 身体の美しさや繊細さを讃えた、マッツ・グスタフソンのヌード
写真・文:錦多希子

定期的に海外のひとつの出版社に焦点を当て、その出版社の本だけを取り扱うショップ「POST」のスタッフが、いま気になる一冊をピックアップ。今回、POSTの錦多希子さんが紹介してくれるのは、2017年に恵比寿で開催されたマッツ・グスタフソンの絵画展『Nude』の作品集。以前からグスタフソンのファンだった錦さんが、会場で本人と対面した記憶とともに、彼がヌードを作品の主題とすることへの意図をひも解きます。

Vol.28 身体の美しさや繊細さを讃えた、マッツ・グスタフソンのヌード

Nude / Mats Gustafson / AUGUST EDITIONS
ヌード / マッツ・グスタフソン / オーガスト・エディションズ

実を言うと、自分の手元にあるアートブックはそれほど多くありません。普段店頭でたくさんの本にめぐり逢える役得に甘んじているわけではなく、きっと、優れた本の数々と出逢うこと、そしてそれをお客さまへご紹介することに楽しさを見出しているからなのでしょう。
そんな数少ない私物のなかでも、ひと際大切にしている宝物があります。それは、スウェーデン出身で現在はニューヨークを拠点に活動する世界的なイラストレーター、マッツ・グスタフソンの作品集『SWAN』。本書を通じて初めて彼の作品と出逢った瞬間、全身を衝撃が駆け抜けました。モノクロームで描かれた白鳥の群像は、まるで白昼夢の世界かと思うほど。ページをめくるごとに繰り広げられる優美さが忘れられず、頼み込んでなんとか見つけ出してもらいました。

POSTと同じく恵比寿にあるMA2 Galleryで、グスタフソンの絵画展『Nude』が開催されるとの朗報が舞い込んできたのは、2017年の秋のこと。多くの彼のファンと同じように、この機会をいまかいまかと待ち望んでいました。いざ展覧会の初日、早速会場に足を運び、帰りがけにPOSTにも立ち寄ってくださったお客さまがいました。お土産話を聞くところによると、とにかく素晴らしい作品群だったとのこと。「早く観にいったほうがいい!」と念押しされてしまったら、居ても立ってもいられず、休憩時間をつかって駆けつけました。

Vol.28 身体の美しさや繊細さを讃えた、マッツ・グスタフソンのヌード