Vol.04 2000年代で最も重要なアートブックの出版社。
写真・文:中島佑介

定期的に海外のひとつの出版社に焦点を当て、その出版社の本だけを取り扱うショップ「POST」のスタッフが、いま気になる一冊をピックアップ。今回、中島佑介さんが着目したのは、映画『世界一美しい本を作る男~シュタイデルとの旅~』でも注目を浴びた、ドイツの出版社。そこでは、ある一人の人物がすべてのプロジェクトを動かしています。

Vol.04 2000年代で最も重要なアートブックの出版社。

The Little Black Jacket / Karl Lagerfeld, Carine Roitfeld / Steidl
ザ リトル ブラック ジャケット / カール・ラガーフェルド、カリーヌ・ロワトフェルド / シュタイデル

ドイツのゲッティンゲンという小さな街に、世界中のアーティストたちが信頼を寄せる出版社があります。ゲルハルト・シュタイデルが設立したSteidl(シュタイデル)社です。シャネルのカール・ラガーフェルド、写真界の巨匠ロバート・フランク、ロバート・アダムスやジョエル・スタンフェルドといった大御所写真家、エド・ルシェやロニ・ホーンといった世界の最前線で活躍する現代美術作家、ノーベル文学賞受賞者のギュンター・グラスなど、 Steidlをパートナーとして信頼する作家には錚々たる顔ぶれが名を連ねます。世界にある数多くのアートブック出版社の中でも特にシュタイデル社への信頼は厚く、「世界一美しい本を作る男」「2000年代で最も重要な出版社」と称されています。

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。