村上春樹の短編を再解釈した韓国映画『バーニング 劇場版...
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

村上春樹の短編を再解釈した韓国映画『バーニング 劇場版』は、カンヌで高い評価を受けた話題作です。

劇場版の公開に先がけてNHKでショートバージョンが放送されたことも話題を呼んだ本作が、ついに公開です。
©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

村上春樹の短編『納屋を焼く』が、韓国で映画化されました。監督は映画『オアシス』などで知られる名匠、イ・チャンドン。『ポエトリー アグネスの詩』以来8年ぶりの新作となり、『バーニング 劇場版』は既にカンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞するなど高い評価を得ています。舞台は現代の韓国。運送会...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。