「働き方改革」はまず身の回りから! 読めばやる気も向上する、仕事の悩みQ&A

「働き方改革」はまず身の回りから! 読めばやる気も向上する、仕事の悩みQ&A

文:石崎貴比古 イラスト:岡田丈

働き方改革が叫ばれるいま、各人が「どう働くか?」を問う時代になりました。自分らしさを生かすワークスタイルを探るためにも、できるだけベストな状態で仕事に取り組みたいものです。人間関係やリラックス方法など、前向きに仕事に取り組むための日々のヒントを、精神科医で医学博士の西多昌規さんに教えていただきました。


西多昌規(精神科医・医学博士)
●1970年石川県生まれ。精神科医、医学博士。早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。専門は睡眠、身体運動、メンタルヘルス。著書に『「テンパらない」技術』(PHP研究所)、『休む技術』(大和書房)など多数。



パート1 DAILY編 脳が“元気になる”働き方を習慣化して、よりよい仕事を。
朝から続く長い会議や散らかり放題のデスク。忙しい日常こそ、メンタルケアが重要です。大切なのは脳が元気な状態をつくること。ときには自分の習慣を見つめ直すことで、よりよい仕事ができるはず。


Q. 深夜のほうが仕事が捗るのですが、朝型に変えるべきですか?

A. 朝型、夜型というものは生物学的に規定されているので、自分で変えようと思っても変えられるものではありません。むしろ年齢によって変わっていくのが一般的で、男性の場合は若ければ若いほど夜型、老いるほど朝型になる傾向があります。眠いと感じる時間には論理的思考を司る前頭葉の働きが通常より悪くなっているので、頑張っても脳に定着しません。つまり、自分の思考のパフォーマンスが上がる時間帯を見極めるべきなのです。

「働き方改革」はまず身の回りから! 読めばやる気も向上する、仕事の悩みQ&A

Q. 実りある会議にするには、どれくらいの時間で終わらせるべきですか?

A. 重要なのは、集中力の持続です。作業内容によって差がありますが、人間の集中できる時間には限度があります。会議をする場合は、90分が限界でしょう。検討すべき議題が少ないようであれば、90分の半分の45分が好ましい。多くても90分、さらに多く見積もっても120分で終わるぐらいの議題設定・進行が望ましいです。それ以上の会議は集中できる人が少ないですから、時間が無駄になります。

「働き方改革」はまず身の回りから! 読めばやる気も向上する、仕事の悩みQ&A

Q. やっぱり机の上はきれいにしたほうがいいのでしょうか?

A. もちろんです。注意欠如傾向の人は得てしてデスクの上が散らかっていて、そのために忘れ物や失くし物が多い。なにかを探すための時間がタイムロスを生むわけで、それが仕事の効率低下を招いています。逆に机が散らかっていても探し物がすぐに見つかる人もまれにいますが、これは例外的なケースですから言い訳にしないように。デスク上のモノの配置にベストポジションはありませんが、ラップトップを見下ろす姿勢はストレートネックにつながるので、ストレッチをするなどして身体に負荷がかかりすぎないようにしましょう。

「働き方改革」はまず身の回りから! 読めばやる気も向上する、仕事の悩みQ&A



Q. 打ち合わせを1日でいくつもこなすには、どんなやり方がよいですか?

A. 間に別の仕事を挟んだ方がいいでしょう。似たような内容の打ち合わせが重なると、記憶の干渉が起こり、どれがどの議題だったか曖昧になってしまいます。性格の異なる作業を挟むか、打ち合わせの後に、その内容を整理するための時間を取ったほうが、脳やメンタルにとって好ましいと言えます。また、複数のことを同時にこなすには、段取りをつける脳の「ワーキングメモリ」が重要になります。日頃の「睡眠負債」がある場合は悪影響になってきますから気をつけましょう。