人類と木との関係を壮大に描く、リチャード・パワーズによるピュリツァー賞...

人類と木との関係を壮大に描く、リチャード・パワーズによるピュリツァー賞受賞作。

文:今泉愛子

『オーバーストーリー』 リチャード・パワーズ 著 木原善彦 訳 新潮社 ¥4,730(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

栗の木を3代にわたって写真に撮り続けてきた一族、幼い頃に木から落ちて車椅子の生活を送る少年、木とわかりあえる少女ら、生まれた場所も年代も違う人々と木との関係を描いたピュリツァー賞受賞作。登場人物は、それぞれのかたちで木と関係をもつ。樹木の研究者になった者もいれば、自然保護活動家になった者もいる。人類よりはるかに長い歴史をもつ木は、ときに人を導き寄り添ってきたが、その関係は今後も続くのか。緻密なストーリーと雄大なスケールで語りかける。


ボツワナの儀礼殺人を題材に、大臣が書いたサスペンス小説。

30日間の“デジタル片付け”に、成功した人が得たものは?

顧客ファーストを貫く、IT企業の成功例を徹底分析。

人類と木との関係を壮大に描く、リチャード・パワーズによるピュリツァー賞...
Feature Culture 八丈島や父島など、東京の美しき離島で見つける、心に刻む大切な時間。
Feature Culture 八丈島や父島など、東京の美しき離島で見つける、心に刻む大切な時間。