「もっと、もっと」の考え方を改め、 負のスパイラルから...
Takeshi Kobayashi
1959年山形県生まれ。音楽家。2003年に「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーの推進や、野外音楽イベントなどを開催。19年には食の循環を可視化する循環型ファーム&パーク「KURKKU FIELDS」をオープン。屋外イベント&コンサート「クルックフィールズ・ハーベスト」を開催した。21年もさまざまなイベントをこの地で予定している。
14
【魚の乱獲】
OVER FISHING
「ap bank」などの活動を通して環境問題に向き合うなど、サステイナブルな社会について考え、行動してきた小林武史さん。その目に、サステイナブルの行方はどう映っているのか。連載14回目のテーマは「魚の乱獲」。日本近海には約4000種類の魚介類が生息し、400種類を食べてきたといわれている。この世界一豊かな漁場といわれていた日本で海洋資源量の減少が起こっている。近年は限られた資源を持続的に活用していくため、料理人も声を上げ始めた。「シンシア」の石井真介さんや「鰻 はし本」の橋本正平さんらは佐々木ひろこさんを代表とする「シェフス・フォー・ザ・ブルー」という団体で活動しながらサステイナブルなシーフードを考え、発信する。「食べることは生き方につながる。そこから未来を語るのはとても有効なこと」と小林さんは言う。

「もっと、もっと」の考え方を改め、 負のスパイラルから抜け出すべき。

森本千絵(goen°)・絵 監修 illustration supervised by Chie Morimoto
オクダ サトシ(goen°)・絵 illustration by Satoshi Okuda
小久保敦郎(サグレス)・構成 composed by Atsuo Kokubo

先日、海洋資源の減少について改めて話を聞く機会がありました。日本人が大好きな「本マグロ(太平洋クロマグロ)」は、本来あるはずの資源量に対して、わずか4%程度しか残っていないそうです。ウナギも絶滅寸前。スルメイカの漁獲量も激減している。総漁獲量は、ピーク時の3分の1。漁業者は減り、漁業を取りまく...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
「もっと、もっと」の考え方を改め、 負のスパイラルから...