傷を抱えた人々が集う店の人間模様を描く、『ニューヨーク 親切なロシア...

傷を抱えた人々が集う店の人間模様を描く、『ニューヨーク 親切なロシア料理店』。

文:細谷美香

©2019 CREATIVE ALLIANCE LIVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】暴力的な夫から逃れ、まだ幼い息子たちを連れてマンハッタンにやって来たクララ。彼女が身を寄せることになったのは、創業100年を超えるロシア料理店。いまは流行っていないレストランだが、わけありの人々が集っていた。『幸せになるためのイタリア語講座』などで知られる...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
傷を抱えた人々が集う店の人間模様を描く、『ニューヨーク 親切なロシア...