御年78歳、いまだ攻めます!軽いと見せて過激なセルジオの音。

『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』

セルジオ・メンデス

御年78歳、いまだ攻めます!軽いと見せて過激なセルジオの音。

栗本 斉 音楽ライター

1941年、ブラジル生まれ。世界的なボサノヴァ・ブームの旗手。2006年には、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムをプロデュースに、R&B/ヒップホップの豪華アーティストをゲストに迎えた『タイムレス』を発表し、ヒットを記録した。

軽くて楽しいブラジル音楽。悪口と思われるかもしれないが、これは最大限の褒め言葉だ。セルジオ・メンデスほど、軽やかで人懐っこい楽曲を生み出す音楽家はいないと思ってしまうほど、5年半ぶりの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』は軽い。今の音楽シーンがディープな方向に向かっていることを思うと時代に逆行...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
御年78歳、いまだ攻めます!軽いと見せて過激なセルジオの音。