映画『パリの恋人たち』は、打算と本音が交錯する軽やかなラブストーリー

映画『パリの恋人たち』は、打算と本音が交錯する軽やかなラブストーリー

文:細谷美香

©2018 Why Not Productions

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】

恋人マリアンヌから、妊娠したと告げられ喜ぶアベル。しかし相手はアベルの友人のポールだった。数年後にポールの訃報が届き、ふたりは再会するが……。ルイ・ガレルが監督と主演を務め、パートナーであるレティシア・カスタをヒロインに迎え、三角関係を描く。パリを舞台に打算と本音、計画と無計画が軽やかに交錯するラブストーリーには、アムールに突き動かされる人生の楽しさが隠されているのかもしれない。


プロレス一家の娘がレスラーに育つまで。『ファイティング・ファミリー』が反則級に面白い!

大人気ゾンビコメディ『ゾンビランド』が、さらに笑える続編へと進化。

死の影に怯え続けた、孤高の天才・チェット・ベイカーの最期の日々。

『パリの恋人たち』
監督/ルイ・ガレル
出演/ルイ・ガレル、レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップほか 
2018年フランス映画 1時間15分 12月13日よりBunkamuraル・シネマほかにて公開。
http://senlis.co.jp/parikoi/

映画『パリの恋人たち』は、打算と本音が交錯する軽やかなラブストーリー
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。