30日間の“デジタル片付け”に、成功した人が得たものは?

30日間の“デジタル片付け”に、成功した人が得たものは?

文:今泉愛子

『デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する』 カル・ニューポート 著 池田真紀子 訳 早川書房 ¥1,980(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

インターネットやスマートフォンは、私たちの人生の質を向上させるのか。SNSもアプリも開発する際に最優先するのは、いかに人の時間や関心を独占するかだ。著者は、30日間デジタル機器と距離を置く「デジタル片付け」を1600人に実施。成功した人は「物事に集中して取り組めるようになった」と述べる。脱落者の言い分も興味深い。アメリカでは、エリートビジネスマンの間でガラケーの利用者が増えているという事実にも注目だ。


顧客ファーストを貫く、IT企業の成功例を徹底分析。

村上春樹の訳文が伝える、ゲッツが生きた時代の息遣い。

仏ベストセラー作家がえぐり出す、蒸発男の曖昧な不幸。

30日間の“デジタル片付け”に、成功した人が得たものは?
Feature Product 視覚情報をいかすには何が必要か? 脳科学者、茂木健一郎が語る、視覚と脳の不思議な関係とは。
Feature Product 視覚情報をいかすには何が必要か? 脳科学者、茂木健一郎が語る、視覚と脳の不思議な関係とは。