石斧で建てた小屋に住み、 縄文式を実践する驚きの暮らし。

石斧で建てた小屋に住み、 縄文式を実践する驚きの暮らし。

文:今泉愛子

『ぼくは縄文大工 石斧でつくる丸木舟と小屋』雨宮国広 著 平凡社 ¥946(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】電動道具やノコギリなど鉄を使った道具よりも石斧に興味を覚えていた大工の著者は、石川県能登町から依頼を受け、縄文時代の住居を設計することに。当時の暮らしや美意識、建築技術などを熱心に研究する。従来考えられていた竪穴式住居よりも高い技術を用いて、快適な小屋で暮...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
石斧で建てた小屋に住み、 縄文式を実践する驚きの暮らし。
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!