イラク人小説家が綴る、 遺体を継ぎはぎした“名無しさん”の物語。

イラク人小説家が綴る、 遺体を継ぎはぎした“名無しさん”の物語。

文:今泉愛子(ライター)

『バグダードのフランケンシュタイン』アフマド・サアダーウィー 著 柳谷あゆみ 訳 集英社 ¥2,640(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】2003年、アメリカはイギリスとともにイラクへの攻撃を開始して首都バグダード(バグダッド)は陥落。05年になっても、連日のように自爆テロが相次いでいた。当時のバグダードを舞台にした本書で、著者はイラクの小説家として初めてアラブ小説国際賞を受賞。30カ国で版...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
イラク人小説家が綴る、 遺体を継ぎはぎした“名無しさん”の物語。