メルボルンのカフェに集う戦禍を逃れたユダヤ人を描く、『カフェ・シェヘラ...

メルボルンのカフェに集う戦禍を逃れたユダヤ人を描く、『カフェ・シェヘラザード』

文:今泉愛子

『カフェ・シェヘラザード』アーノルド・ゼイブル 著 菅野賢治 訳 共和国 ¥3,520(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】かつてオーストラリアのメルボルンに実在したカフェ・シェヘラザードは1958年、ホロコーストを逃れたユダヤ人夫妻が開業した。ポーランドを脱出し、リトアニアで日本人外交官、杉原千畝が発給したビザによりヨーロッパを脱出したユダヤ人たちの一部は、神戸や上海を経てオ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
メルボルンのカフェに集う戦禍を逃れたユダヤ人を描く、『カフェ・シェヘラ...