死の影に怯え続けた、孤高の天才・チェット・ベイカーの最期の日々。

死の影に怯え続けた、孤高の天才・チェット・ベイカーの最期の日々。

文:細谷美香

© 2018 (PUPKIN) – VPRO

1988年、アムステルダムのホテルの窓から転落して亡くなった伝説的ジャズミュージシャン、チェット・ベイカー。遺体を確認した地元の刑事が捜査を始めるが、彼の死の周辺には謎がいくつも残されていた。ジャズシーンを席巻して華々しく活躍しながらもドラッグ依存で堕ちていった、孤高の天才の知られざる最期の日...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
死の影に怯え続けた、孤高の天才・チェット・ベイカーの最期の日々。