10代の広告作品をはじめ、 レオ・レオーニの未発表作を一冊に。

10代の広告作品をはじめ、 レオ・レオーニの未発表作を一冊に。

文:今泉愛子

『だれも知らないレオ・レオーニ』森泉文美/松岡希代子 著 玄光社 ¥2,750(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

絵本『あおくんときいろちゃん』で知られるレオ・レオーニ(1910-1999)。オランダでクレーやシャガールの絵画を身近で眺めながら育ち、29歳でアメリカに移住したレオーニは、アート・ディレクターとして成功した後、49歳の時に絵本の制作を開始した。彼と親交があった著者は逝去後、アトリエに残された膨大な作品を調査し、未発表作品や資料を発見。生前に発表された作品とともに一冊の本にまとめた。10代の頃の広告作品や30代の頃の油絵など、興味深い作品を多数収録。



吉田鋼太郎が考える、シェイクスピアの魅力。

日本古来の身体感覚を信じれば、もっと朗らかに生きられる?

パンデミック時代の生きる術を名著から学ぶ。

10代の広告作品をはじめ、 レオ・レオーニの未発表作を一冊に。
Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。
Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。