世界を分かつ境界線とは? 北欧ノワールの衝撃作。

世界を分かつ境界線とは? 北欧ノワールの衝撃作。

文:細谷美香

世界を分かつ境界線とは? 北欧ノワールの衝撃作。

©Meta_Spark&Kärnfilm_AB_2018

嗅覚が鋭く、違法なものを所持する人間を嗅ぎ分ける能力を活かして、スウェーデンの税関で働いているティーナ。怪しい旅行者と出会ったことをきっかけに、自身の出生の秘密に触れることになる。『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者が共同脚本も手がけたダークファンタジー。醜女として生きてきた主人公がアイデンティティと向き合う姿を生々しく描き出し、新たな北欧ノワールの可能性を切り拓く衝撃作だ。



脱獄映画の金字塔を、ふたりの人気俳優でリメイク

壮大な宇宙を舞台に、描かれる父と子の物語。

松坂桃李も、この脚本に衝撃を受けた――。政府の不都合な真実を攻める、忖度知らずの『新聞記者』。

『ボーダー 二つの世界』
監督/アリ・アッバシ 出演/エヴァ・メランデル、
エーロ・ミロノフほか 2018年 スウェーデン・デンマーク映画 
1時間50分 ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開中。
http://border-movie.jp/

世界を分かつ境界線とは? 北欧ノワールの衝撃作。