ウイルスで激変した東京を、 写真家・初沢亜利が撮る。

ウイルスで激変した東京を、 写真家・初沢亜利が撮る。

文:今泉愛子

『東京、コロナ禍。』初沢亜利 写真 柏書房  ¥1,980(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

イラクや北朝鮮、沖縄を舞台にした写真集を発表した写真家が、2020年に東京で撮影を開始。その直後、街は新型コロナウイルスの感染拡大で一変した。本書には、閉鎖された上野公園の桜並木、床にレジ待ちの位置シールを貼るコンビニ店員、営業再開した東京ディズニーランドなど、今年7月までに撮影した写真が時系列で並ぶ。事態の推移を冷静な視点で切り取った貴重な記録だ。



新型コロナウイルス集団感染が発生した韓国で、緊急出版された市民の体験記。

コロナ禍の経験をどう活かすか、イタリア人作家が綴るエッセイ

清掃員として社会を見つめ、尊厳を取り戻すまでを綴る『メイドの手帖』。

ウイルスで激変した東京を、 写真家・初沢亜利が撮る。
Feature Product 装いを新たにした次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」2020年秋冬限定モデルの魅力とは。
Feature Product 装いを新たにした次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」2020年秋冬限定モデルの魅力とは。