日常と幻想を同時に描く、日本映画界の新星。

Creator’s file

アイデアの扉
笠井爾示(MILD)・写真
photograph by Chikashi Kasai
泊 貴洋・文
text by Takahiro Tomari

日常と幻想を同時に描く、日本映画界の新星。

濱口竜介 Ryusuke Hamaguchi
映画監督
1978年、神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科修了。2011年から共同監督で東日本大震災以後のドキュメンタリー三部作を制作。15年に発表した『ハッピーアワー』はロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。さらに同作で芸術選奨新人賞などを受賞した。

今年のカンヌ国際映画祭では是枝裕和監督が最高賞を獲ったことが記憶に新しいが、日本人でもうひとり注目を集めた者がいる。映画『寝ても覚めても』を監督した、濱口竜介だ。「中学、高校時代はミニシアターブームで、タランティーノやウォン・カーウァイなどの映画に刺激をもらいました。ハリウッド映画ともテレビド...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

works

15年に公開、評価を高めた317分の長編『ハッピーアワー』。演技未経験の女性4人を主演に8カ月を費やして撮り上げた。©2015 KWCP

9月1日公開の新作『寝ても覚めても』。東出昌大と唐田えりかが出演。同じ顔をもったふたりの男の間で揺れる女性を描く。©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS

※Pen本誌より転載
日常と幻想を同時に描く、日本映画界の新星。