タランティーノ流、69年のおとぎ話。

『ワンス・アポン・ア・タイム・ イン・ハリウッド』

クエンティン・タランティーノ

タランティーノ流、69年のおとぎ話。

大場正明 映画評論家

落ち目の俳優、リックと専属スタントマンのクリフを演じるのは、初共演となるレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。タランティーのが生み出した架空のキャラクターと実在の人物たちが絡み合い、虚実の入り混じった物語が描かれる。

1969年8月、ロマン・ポランスキーの妻で駆け出しの女優だったシャロン・テートが、カルト集団マンソン・ファミリーによってハリウッドの自宅で惨殺された。タランティーノの新作は、この悲劇にインスパイアされたおとぎ話だ。主人公は、ポランスキー邸の隣に住むリック・ダルトンと相棒のクリフ・ブース。1950年代にテレビ西部劇で俳優と専属スタントマンとして成功を収めた彼らは、いまでは落ちぶれ、シャロンとは対照的に時代から取り残されようとしている。

では、そんなふたりがどうして事件に関わることになるのか。リックが彼女の隣人だったからだけではない。見逃せないのは、実際にマンソン・ファミリーが根城にしていたスパーン・ランチのエピソードが盛り込まれていることだ。そこには西部劇のセットがあり、昔は撮影が行われていた。

タランティーノは、この場所から主人公たちのキャラクターを思いついたのかもしれない。かつてリックをスターにしたテレビ西部劇がそこで撮影されたことにすれば、マンソン・ファミリーと接点ができるからだ。本作では、ヒッピーの娘と出会ったクリフが、久しぶりにスパーン・ランチを訪れ、怪しげなヒッピーの集団が住み着いていることを知り、旧知の間柄であるオーナーの安否を確認しようとする。ヒッピーに乗っ取られたそのスパーン・ランチは、ヒッピー文化に席巻され、旧来のスタジオシステムが揺らぐハリウッドを象徴してもいる。

本作のクライマックスでは、リックがヒッピーに対して苛立ちを抱えていることと彼が西部劇のヒーローだったことが思わぬかたちで結びつき、シャロンの運命が変わる。そんな背景を伏線にしているところが、いかにもタランティーノらしい。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
監督/クエンティン・タランティーノ
出演/レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーほか
2019年 アメリカ映画 2時間41分  全国の映画館にて公開中。
http://www.onceinhollywood.jp/

タランティーノ流、69年のおとぎ話。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。