家族が生き抜くために闘った、チェスの天才少年に胸を熱くする。

『ファヒム パリが見た奇跡』

監督/ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル

家族が生き抜くために闘った、チェスの天才少年に胸を熱くする。

池辺麻子 映画ライター

監督、脚本は俳優としても活躍するピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル。テレビでファヒム少年のインタビューを目にした瞬間、彼の人生を映画化したいと思ったという。チェス教室を主宰するマチルドに『アメリ』のイザベル・ナンティ。 ©POLO-EDDY BRIÉRE. 

バングラデシュからパリに逃れた政治難民の少年が、強制送還の脅威に晒されながらチェスのチャンピオンを目指した実話が映画化された。政変が続くバングラデシュのダッカで天才チェス少年として知られるファヒム。しかし、大会で勝利を重ねる彼への妬みや父親が反政府組織に属していたことから、一家はたびたび脅迫を...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
家族が生き抜くために闘った、チェスの天才少年に胸を熱くする。