精肉店から7つ星シェフへ、その軌跡を追う。
BARCELONA バルセロナ

精肉店から7つ星シェフへ、その軌跡を追う。

文:森本 徹

入り口には、カタルーニャ料理の巨匠となったルスカイェーダの原点、両親が営む精肉店のショーケースのレプリカも展示。photograph by Akashi Photos

バルセロナから北に約50㎞の小さな村、サン・ポル・ダ・マールにあるミシュラン3つ星レストラン「サン・パウ」。そのオーナーシェフであるカルメ・ルスカイェーダの半生を追った展覧会がパラウ・ルベール展示場で開催中だ。彼女は、東京の姉妹店「サン・パウ東京」で2つ星を、バルセロナの「モメンツ」でも2つ星を獲得し、女性シェフとしては世界でただひとりミシュランの星を合計で7つ手にする。サン・ポル・ダ・マールで精肉店の家に生まれ、そこで惣菜料理から始め、店の向かいに「サン・パウ」をオープン。世界的シェフになるまでの歩みを、臨場感あふれる映像や、彼女が生み出した創造力あふれる料理の写真を通して知ることができる。

Palau Robert

Passeig de Gràcia, 107, 08008 Barcelona
最寄り駅:DIAGONAL
TEL:932-921-260
開館時間:9時~20時(日曜、祝日は14時30分まで)
無休
入場無料
※開催中~9/29
http://palaurobert.gencat.cat

精肉店から7つ星シェフへ、その軌跡を追う。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。