壁崩壊から30年の節目に、分断の歴史を回顧する。
BERLIN ベルリン

壁崩壊から30年の節目に、分断の歴史を回顧する。

文:河内秀子

展示は、東ベルリンの街の500分の1サイズの模型からスタート。テレビ塔や高層ホテルなどいまも残るランドマークも確認できる。photograph by Gianni Plescia

東西冷戦の象徴だったベルリンの壁。その崩壊から30周年を迎え、市立博物館のエフライム宮殿で興味深い展覧会が始まった。壁が崩壊した記念日の11月9日まで開催される『東ベルリン-半分の首都』。分断の歴史や薄れゆく記憶を呼び起こす貴重な展示だ。壁が存在した1960年代から89年までの、東ベルリンの日...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
壁崩壊から30年の節目に、分断の歴史を回顧する。