“意外なスパイ”が守り通した、秘密と平和への思い。

“意外なスパイ”が守り通した、秘密と平和への思い。

文:細谷美香

© TRADEMARK(RED JOAN)LIMITED 2018

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】

イギリス郊外で静かに暮らしていた老女、ジョーン。ある日、かつて核開発の機密をソ連に渡していたというスパイ容疑で逮捕される。息子を育て上げ、夫に先立たれた彼女の過去になにがあったのか──。物理学を学んでいた若き日のジョーンの秘密に迫る。実話を基にした小説をジュディ・デンチ主演で映画化。ラブストーリーとサスペンス、理想と現実が交錯する物語から、ひとりの女性の平和への思いが伝わる。



プラド美術館のドキュメンタリーとは、すなわちスペインを観る映画だ。

ヤクザと刑事が手を組んで、殺人鬼と闘う韓国ノワール

『パブリック 図書館の奇跡』に見る、図書館が社会の縮図として描かれるワケ。

『ジョーンの秘密』
監督/トレヴァー・ナン
出演/ジュディ・デンチ、ソフィー・クックソンほか 2018年
イギリス映画 1時間41分 8月7日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。
https://www.red-joan.jp/

“意外なスパイ”が守り通した、秘密と平和への思い。